トップ / インプラントと骨量の関係

金属

骨が少ない場合のインプラント

顎の骨が少なくインプラントを埋め込む事が不可能な場合に、骨を増やす方法を選択するか諦めて別の治療法を推奨するかは骨の量や歯科医師の考え、技術などによって変わってきますので、きちんとカウンセリングを受けて適切な判断をする事です。骨を増やすのは高度な技術が必要なうえに痛みや腫れなどといったリスクを背負う場合もありますが、今まで諦めてきた方にとってもは朗報です。インプラントを諦めブリッジなどの方法を選択するのも手ですが、物を噛む場合に違和感が生じる事もあります。

↑PAGE TOP